自分の特性をどれだけあなたは知っていますか?

いつもこのブログを読んでくださりありがとうございます。

 

また、意外と読んでくれている方がいることをとても嬉しく思っています。読んでますと声かけてくださった方ありがとうございます。励みになります。

 

このブログの内容があなたにとって有益な情報をもたらすことを心から祈っています。

 

私はコンディショニングの専門家としてコンディショニングサロンをやっておりますが、セルフコンディショニングも少しずつ皆さんがやりやすい状況を作りたいと思っています。

 

1日は24時間しかなく

その中の7時間から8時間睡眠当て

その中の4時間から多い方で12時間は仕事や家事に当て

食事・トイレ・お風呂や趣味の時間や家族や友人、恋人との団欒の時間は残りわずかな時間しかありません。

 

そのわずかな時間を使って+αで身体をケアする時間を作るか、または仕事や家事や食事や趣味など普段の時間をより身体に良いものにするかがセルフコンディショニングになります。

 

だから、私は皆さんにまず

・自分の特性を知ること

をおススメしています。

 

—————————

自分の状態・特性を知ること 

—————————

 

① 朝型・夜型?

② 体調はいい?悪い?

③ 疲れた時のケアは何が成功した?失敗した?

 

① 朝型・夜型?

仕事や家事、運動など個人によってどの時間帯が活発に動けるのか事なります。

あなた1日を余すことなく充実することができる時間帯を見つけましょう。

 

ちなみに私は断然朝型です。

毎日5時~6時に起きて、1日にやろうと決めていることを先にやってしまい、余った時間は未来のために投資します。そして、なるべく12時前には寝るように心がけています。

 

2~3年前は寝るのが深夜3時や徹夜が続く夜型生活をしていましたが、日中は眠たく、メンタルもイライラが続き、暴飲暴食に走るなど体調も崩して夜型にして失敗した経験があります。今はコロナを機になるべく夜の仕事を無くし、朝に作業を持ってくるようにしています。

 

夜型の人もいるので、朝と夜どちらが1日が、充実するか試してみてください。

 

② 体調はいい?悪い?

体調が良いとは自律神経が整っていることだと私は考えます。

 

体調が悪い判断基準は以下です。

・すぐにイライラしてしまう、一度落ち込んだら落ちっぱなし

・肩こり、腰痛や背中の張りがある

・物事に集中できない

・すぐに腹痛や頭痛をする

・口内炎を起こす

・胃もたれ感がある

・オシッコの出が悪い、黄色い

・便秘気味、下痢気味

・疲労が抜けない

・夜眠れない、寝付きが悪い、よく夢をみる、途中で目が覚める

・手足が冷える

・すぐ風邪をひく

このような場合は体調が悪いです。

 

逆に、上に当てはまらなければとてもいい体調です!

 

是非まだ良い体調を経験したことがない人は経験してほしいです。全てが充実する感覚が得られると思います。

 

③ 疲れた時のケアは何が成功した?失敗した?

ストレッチや運動は適切なものをやると必ず整うのですが、今回お伝えしたいのはそれ以外のことです。

 

疲れをとるための観点は、何をしたら副交感神経を出せるのか(リラックスするのか)です。

 

“心地よい感覚”

 

これが判断基準になります。

 

私の場合は、

・観葉植物を育てること

・チルアウトミュージック(わからない人は是非調べてみてください、いつも施術の時にかけている音楽です笑)を聴くこと

・子供の頭を撫でること、笑い声を聴くこと、子供と一緒に遊べること

・嫁さんの笑顔を見ること、関係性が良いこと

・オシャレなカフェに行くこと

・綺麗な景色を見ること

・身体にめちゃくちゃ良い食べ物か、とってもおいしい食べ物を食べること

・部屋が綺麗であること

・期限を過ぎた仕事がない状態

・太陽の光に当たること

・互いを尊重しあえる仲間と仕事や学習が出来ること

・しっかりお風呂に入ること

 

が心地よい感覚を得ます。

心地よい感覚が生活の中で多いと体調がとても良いです。

 

ストレッチや運動だけでなく、このような生活や人間関係、仕事などの感覚もとても大切です。

 

心地よい感覚が多いと副交感神経が働くので循環器や内蔵の調子もとても良くなります。

 

是非自分の心地よい感覚リストを作って疲れた時は意識して心地よい感覚を入れてみてください。それが疲労のケアになります。

 

まずはここに書いてあることだけでもいいので自分の特性探しを行い、自分を大切にするルーティンを作ってみてください。

 

自分を1番大切にできるのは自分なので、普段頑張っている脳や身体、精神を是非労ってあげてください。