自主トレをやるときには目的の理解が必要

身体の痛みや悩みを改善させて維持するには自主トレが必要だと思っています。

でも毎日コツコツやれっていうのではなく、週2~3日でいいので集中して自分の身体に向き合うことの方が必要です。

特に取り組み方にもものすごく重要性があると思っていて、ただ言われた事をこなすのではなく、

『自分の身体は〇〇(問題点)で、それは××(原因因子)が原因だから、××を改善するために自主トレを行う』

こんな目的の理解の前提が自主トレにはあるべきだと思っています。

自主トレはトレーニングだから、日常において身体を変える場合でもスポーツにおいて身体を変える場合でも発展形が存在します。身体は適応するものなのである程度自主トレの期間をこなしたら慣れが生じます。だから、常に身体をグレードアップするために発展させていくことが最善策です。

また自主トレも問題点を改善するための手段なので、一定期間が来たら効果測定しないとあっているかどうかは実はわかりません。もしかしたら今までやって板自主トレが全く効果ないなんてこともザラにあります。

目的を理解して、

そして

効果測定していけばしっかり自分にあった自主トレをポジティブに続けることができます。

 

参考になれば幸いです。