治療方法に迷っているのはなぜ?

それは、「自分の身体の現状を正確に知らないから」です。

 

病院や接骨院をあっちへ行ったり、こっちへ行ったり…。

 

自分に「合う」場所を探すのには苦労します。

 

自分の身体を預けるのですから、自分に合う方を探すのは当然だと思います。

 

でも中々自分にあった場所って見つかりにくいですよね…。

 

例えば家を探す時や車を選ぶ時、中々自分にあったものが見つからず決められず…。試乗して見てもいいと思うけど、自分にあっているのか、それ以上のものがあるのではないかと迷ってしまう…。そんな状態と非常に似ているのかなと思います。

 

そんな時には「自分の現状を正確に知る」ことが大切です。

 

——————————-

基礎情報の整理

——————————-

・どこが痛いのか?(膝、腰、首etc..

・いつから痛いのか?(2ヶ月前、半年前、数年前etc..

・どうすると痛いのか?(歩く時、走る時、スポーツ動作でetc…

・どのくらい痛いのか?(我慢できないくらい、仕事に支障が出るくらい、スポーツに支障が出るくらいetc…

などなど、そして特に関節の痛みで悩んでいる人は次の情報も非常に重要です。

——————————–

身体の機能の情報

——————————–

・痛い関節の周辺の動きの状態がどうなっているのか?

・そもそも自分の立っている姿勢、座っている姿勢はどのようになっているのか?

・その時重心はどの方向にかかり安くなっているのか?

・痛い関節の周囲、あるいは痛い関節の前後の関節の筋肉は適切に働いているのか?

・スポーツする時にどのような動きが痛みを引き起こしているのか?あるいは自分の身体の現状でスポーツをすると痛い場所に関してどのようなストレスを生むのか?

 

特に自分の身体の機能の状態を知らずに接骨院や整形外科に通っている人が非常に多く感じます。

大昔の部活みたいに「今日は走るぞ!」と言われ、「疲れるまで走るんだ!」と途方に暮れて、離脱する選手みたいなものと一緒で、「治しましょう」と言われ「治るまで通ってください」と途方に暮れるから続かないし、通い続けられないのでは内でしょうか?

あなたの痛みは細分化できると思います。

✔︎ お尻の筋肉が弱いから、◯◯の動作ができるまでしっかり鍛えれば痛みがなくなる

✔︎ ◯◯のような姿勢になっているから、こことここの筋肉がこの動作が〇〇回、疲れずにできるようになれば痛みが出る頻度が月に1回くらいになる

✔︎ スポーツの特性が〇〇で、あなたの動きは〇〇だから、痛みが生じている。その動作を変えていくには、第1段階は〇〇で、その次の段階は〇〇をできるようにして、最後にあなたの動きが〇〇に変われば痛みが出なくなるよ。

あなたが原因がはっきりわかっていて、今まで怪我なんかしたことない人ならば、すぐに治って私のブログは素通りすると思いますが、

あなたが何度も怪我をしていて、それもいろんな場所に痛みがある人ならば、自分の現状がわからなくなっていると思います。

そういう状態な方こそ、自分の現状を知るべきだと思っています。意外と現状を整理してみたら、頭の中も身体もスッキリするものです。

 

そういう時にこそ、自分はお力になりたいです。